2021.04.08

ホンダvsトヨタに待った!日産が誇る名車「GT-R」6年ぶりの戴冠なるか

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 昨年は最終戦のゴール500メートル手前でトップのトヨタが失速し、ホンダの年間王者が決まるという劇的な幕切れだったスーパーGTのGT500クラス。今年も4月10日・11日に行なわれる第1戦・岡山を皮切りに、ホンダNSX-GT、トヨタGRスープラ、日産GT-Rの三つ巴によるバトルが始まる。

富士の開幕前テストでトップタイムを叩き出した日産GT-R富士の開幕前テストでトップタイムを叩き出した日産GT-R  過去5年のシリーズを振り返ると、チャンピオンのタイトルを獲得している回数は、トヨタ勢が3度、ホンダ勢が2度。日産勢は2014年を最後に6年間、戴冠から遠ざかっている。

 しかし今年の日産は、開幕前から近年にない手応えを掴んでいる様子だ。

 3月下旬に行なわれた富士スピードウェイでの公式テスト2日目で、松田次生/ロニー・クインタレッリ組(ナンバー23/MOTUL AUTECH GT-R)がトップタイムを記録。例年、シーズン前のテストではホンダやトヨタが速さを見せる傾向にあったが、今年はそこに日産が割って入ってきた。

「テストでは例年10番手前後の位置にいることが多く、2020年の開幕前は『どうなるかな、大変だな......』と思うところもありました。でも、今回の富士テストではトップタイムを記録することができました。

 もちろん、周りがどういう状況でテストをしていたのかわかりません。ただ、僕たちにとってはすごくポジティブな結果でした。ニスモもミシュランさんもがんばってくれたおかげで、すごくいい方向に行っていると思います」

 そう語るのは、23号車をドライブする松田だ。2006年に日産に加入し、2014年と2015年には2年連続でドライバーズタイトルを獲得。まさに日産勢のエースだ。

 松田は熱心な「GT-Rユーザー」としても知られている。初代のハコスカから最新モデルのR35まで複数のGT-Rを所有していることでも有名だ。それだけ愛にあふれているがゆえ、"GT-R"という名前を背負って走ることに誇りとプレッシャーを感じているという。