2020.10.08

最高待遇をなげうってMotoGPに参戦した玉田誠。親友・加藤大治郎への想い

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

MotoGP最速ライダーの軌跡
日本人ライダー編(2) 玉田誠 上 

世界中のファンを感動と興奮の渦に巻き込んできた二輪ロードレース界。この連載では、MotoGP歴代チャンピオンや印象深い21世紀の名ライダーの足跡を当時のエピソードを交えながら振り返っていく。
日本人ライダー2人目は、玉田誠。最高峰の舞台で持ち味の豪快な走りを見せ、日本のファンを熱狂させたそのキャリアをたどる。 

2003年リオGPで3位に入り、初表彰台を獲得した玉田誠  これは一部ではよく知られた話だが、玉田誠はホンダのファクトリーライダーという地位をなげうってMotoGPへ行った。2003年シーズンのことだ。

 02年の玉田は、全日本ロードレース選手権にホンダファクトリーのチーム・キャビン・ホンダから参戦していた。玉田にしてみれば、ようやくつかんだファクトリーのシートだった。

 全日本ロードレース時代の玉田は、250ccクラスを経て1999年にスーパーバイククラスへ昇格。このシーズンの最終戦、ツインリンクもてぎで、サテライトチーム(チーム高武RSC)ながら初優勝を果たした。翌2000年も、同チームから参戦してランキング3位。これらの走りが評価されて、01年シーズンにホンダファクトリーライダーとなった。

 その01年には、スポーツランドSUGOで開催されたスーパーバイク世界選手権(SBK)の日本大会で、ワイルドカード参戦ながらダブルウィンを達成(※SBKでは通常、2レースが開催される)している。このウィークでは、練習走行中にある先輩日本人ライダーと玉田の走行ラインが交錯する出来事があった。

 セッション終了後、その先輩から「ちゃんと前を見て走れ!」と怒鳴りつけられた。玉田は口頭でこそ謝罪しながらも、「よしよし、オレのことを意識しているな」と内心でほくそ笑んでいたという。