2020.09.16

レッドブル・ホンダの見立てを覆す走り。
アルボンはスタッフからの信頼も厚い

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • photo by Boozy

◆「ガスリーが表彰台の中央で亡き友に捧げる」はこちら>>>

 アレクサンダー・アルボンがついに表彰台を獲得した。

 3度のセーフティカー導入と、2度の赤旗中断。完走12台という大荒れのレースで、F1出走30戦目にして初めて表彰台に立った。

初の表彰台を獲得したアレクサンダー・アルボン「ここに立つことができて、とてもいい気分だよ。今日はタフなレースだったけど、僕らはこの結果を手にするために懸命に努力してきたから。とてもハッピーだ。やっとひと息つくことができるね」

 驚異的な速さを持つチームメイトと比較されては批判される日々に耐えてきた。

 今季のレッドブルRB16はマシン挙動が不安定で、突発的にグリップを失う問題を抱えてきた。

 マックス・フェルスタッペンはなんとかそれをなだめすかして走ってきたが、アルボンはその問題のせいでマシンの限界まで攻めた走りができなかった。マシンの限界点が唐突に変わるのだから、それも当然だ。

 しかしトスカーナGPが行なわれたムジェロでは、金曜からレッドブル・ホンダのマシンは仕上がりがよく、フェルスタッペンが3位、アルボンが4位につけていた。

「モンツァの時とは違って、僕らのクルマは走り始めから正しいウインドウに入っていた。金曜からマシンバランスがよかったし、ウイングレベルも適切だった。クルマに満足できなかったこれまでのレース週末と比べても、セットアップがうまくいったんだ」

 トップに対して予選で0.365秒差と、今季最少のギャップまで迫ったフェルスタッペンは、マシンフィーリングのよさがポテンシャルを引き出すことにつながったと説明した。

 そのフェルスタッペンは、スタート直後にパワーユニットに問題が発生して加速が鈍り、集団に飲み込まれた末に多重クラッシュに巻き込まれ、ふたつ目のコーナーでリタイアを余儀なくされた。

 アルボンはフェラーリのシャルル・ルクレールにかわされて4位にとどまり、さらには再スタート時の多重クラッシュと赤旗中断後のリスタートとなって、7位まで後退してしまった。