2020.07.15

スーパーGT開幕!自粛期間中はF1ドライバーも使う必須アイテムを活用

  • 川原田剛●取材・文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

-ーどれくらいの頻度・時間で練習をしていたのですか?

塚越 自粛期間中、暇さえあれば乗っていましたね。ヘルメットやスーツは着用しませんが、レーシングシューズとグローブは必ずつけます。ただVRの場合はすごく疲れますので、連続して乗るのは最長でも1時間ぐらい。走っていると、じんわりと汗をかきます。

 本来であればスーパーGTで実際にドライブしているNSX−GTで練習したいところですが、残念ながらシミュレーターにはそのマシンがなかったので、F3のマシンを使用しています。F3は上位カテゴリーの基礎となるレースです。F3のマシンできちんと走ることができれば、F1でもGT500でも乗りこなせると思っています。
VR機器を装着して練習する塚越選手VR機器を装着して練習する塚越選手 -ーシミュレーターを導入して、どんな効果がありましたか?

塚越 レーシングカーの重いハンドルを切るというトレーニングは、なかなかジムの機器でも再現できるものではありません。ハンドルを切る・支えるという意味ではすごくいいトレーニングになっています。何よりも楽しみながらできることがメリットですね。ジムでトレーニングマシンに向かってやるより単純におもしろいです。

 また、シミュレーターでは鈴鹿や富士といった実際のレースで走る国内のサーキットのほか、海外のいろいろなサーキットを走ることができます。すると自分の走り方とかライン取りが、他の速いドライバーたちと全然違うことがあります。国内のサーキットしか走っていないと、なかなかそういうことには気がつきませんので、興味深かったです。自分の走りの参考にしたいと思いながら、トライしています。