2020.07.01

F1ホンダ、頂点へ自信あり。
言い訳なしで「技術と技術の勝負」

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)


 全部ではないにしても、一部はガラッと変わったところもあります。その一部には、ホンダジェットとのMGU-H(※)開発の進化やエクソンモービルとの燃料共同開発に続いて(他部門との)コラボレーションした技術もあります」

※MGU-H=Motor Generator Unit-Heatの略。排気ガスから熱エネルギーを回生する装置。

 2月のバルセロナ合同テストの時点では、パフォーマンスについてまずまずの手応えがあったようだ。もちろん、ライバルがいかに”三味線”を弾いているかわからないとはいえ、スペック1.1でホンダが注力してきたのは信頼性・耐久性を向上させることだ。

 これによって、実戦のなかでいかに攻めて使うことができるかが変わってくる。

 昨年のオーストリアGPで話題になった「エンジン11ポジション5」という無線のメッセージが、まさにそれだ。これは、いかにパワーユニットにダメージを負うことを許容しながらパワーを捻り出して走るか、という使い方の設定だった。