2020.06.18

父を乗せてウイニングラン。笑顔が忘れられないMotoGPチャンピオン

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

MotoGP最速ライダーの軌跡(2)
ニッキー・ヘイデン 上

世界中のファンを感動と興奮の渦に巻き込んできた二輪ロードレース界。この連載では、MotoGP歴代チャンピオンや印象深い21世紀の名ライダーの足跡を当時のエピソードを交えながら振り返っていく。2人目は、ニッキー・ヘイデン。世界中のファンを魅了したアメリカ人ライダーが、MotoGP史に残した物語を紹介する。

 ニッキー・ヘイデンがMotoGPの世界に足を踏み入れたのは2003年、21歳の時だ。前年に史上最年少でAMA(全米選手権)スーパーバイクのチャンピオンとなり、将来性を大いに嘱望(しょくぼう)された世界デビューだった。

明るい笑顔で多くのファンらに愛されたニッキー・ヘイデン ホンダファクトリーの名門レプソル・ホンダ・チームへの参加で、初年度のチームメイトはバレンティーノ・ロッシ。この事実をみるだけでも、ホンダのヘイデンに対する期待の大きさがわかる。

 さわやかで気さく、そして飾り気のない素直な性格で、「ケンタッキー・キッド」という愛称どおり、いかにもアメリカの好青年という印象だった。AMAとMotoGPではさまざまな点でレース環境が異なるため、ヘイデンはとにかく謙虚にバイクと向き合い、真面目な態度でいつも徹底的に走り込みを続けていた。

 レプソル・ホンダで先輩ライダーにあたる岡田忠之は、ヘイデンのデビュー当時、チームの助監督として教育係のような任に就いていた時期があったが、彼の性格について、こう評した。