2020.06.15

F1ドライバーの引退後。セカンドライフは億万長者、大統領候補も

  • 川原田剛●文 text by Kawarada Tsuyoshi
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 華やかなスポットライトを浴びていたプロスポーツ選手は、引退後にどんな仕事をしているのだろうか。気になる人は多いと思うが、F1ドライバーの場合は現役時代に培った経験、コネクション、名声を基にさまざまな仕事に就いている。
F1ドライバー引退後にさまざまな事業を展開し、成功を収めたロジャー・ペンスキー(写真提供/Indianapolis Motor Speedway) 現場に顔を出す元ドライバーのほとんどは、他のスポーツと同様にメディア関係の仕事やスポンサーのPR活動をしているケースが多い。チャンピオン経験者のジャック・ビルヌーブやデイモン・ヒルを始め、マーティン・ブランドル、デビッド・クルサードなど、数多くの選手がテレビ解説者として活躍している。

 最近、サーキットでよく見かけるのは、自分の子どものサポートをする元ドライバーたちの姿だ。マックス・フェルスタッペンの父親のヨスが代表例だが、ミハエル・シューマッハの息子ミックを始め、たくさんの二世が続々と表舞台に登場している。

 ミハエルの弟ラルフの息子デビッドは、今年からFIA F3選手権にステップアップ。ヨーロッパでは再びふたりのシューマッハがF1に名前を連ねるのではないかと期待されている。ジャン・アレジの息子ジュリアーノは、ミハエルの息子ミックと同様にフェラーリの若手ドライバー育成プログラムのメンバーとなり、FIA F2選手権で戦っている。

 ウイリアムズやマクラーレンで7勝したファン・パブロ・モントーヤの14歳の息子セバスチャンは、今年からイタリアのF4選手権に参戦。ミカ・サロの息子マックスも今年、日本のポルシェ・スプリント・チャレンジ・ジャパンで戦う……。