2020.02.11

MotoGPは「新・戦国時代」へ突入!
今シーズン覇権を握るのは誰だ?

  • 西村章●取材・文・撮影 text & photo by Nishimura Akira


「この3日間では、いろんなことを試した。車体を2、3種類やったし、サスペンションやタイヤ、電子制御等々......。すごくポジティブな手応えだったので、温度条件とコースが変わる次のカタールテストで見極めを進めていきたい」

 ビニャーレスはテスト最終日にタイムアタックを実施しなかったため、3日目のタイムシートでは18番目に沈んでいるが、誰よりも多い83周を走りこみ、決勝レースと同じ20周を走行したシミュレーションでは、安定して1分59秒中盤のタイムを刻んだ。

「午前中に皆がリアにソフトタイヤを入れてアタックし始めた時、自分も『行こうよ!』と言ったんだけど、『まあ落ち着け。今回はバイクを仕上げに来たんだから』とチームに言われたんだ」

 一日の走行を終えた時には、そう言って笑う余裕も見せた。

「フィーリングをよくしていくことに専念し、重要なのは、まだベストの状態ではないけれども、いい方向に進んでいるというところ。レースタイヤとレースセットアップはかなり水準が高いので、次のカタールテストではさらに詰めていく」