2019.11.12

バレンティーノ・ロッシ、40歳からの逆襲。
「畜生。まだあきらめるもんか」

  • ニール・モリソン●取材・文 text by Neil Morrison
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 11月である。長かったシーズンも次戦でいよいよ終幕を迎え、そろそろこの一年を振り返るべき時期だろう。新旧交代は世の常だが、今年も恐るべき速さを披露したニューフェイスが登場した。

 幅広い世代の片方の端には、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)という才能が颯爽と現れ、おおいに注目を集めた。彼やマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)たちの新世代ライダーは、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)に挑みかかる来シーズンの有力候補だ。

バレンティーノ・ロッシにとって今年は苦しいシーズンだった そして、幅広い世代のもう片方の端には、この世界で数々の足跡を残してきた2名の選手がいる。ひとりはホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ・チーム)だ。

 だが、今年のロレンソは、その天才的な能力を存分に発揮できず、苦しい一年を過ごすことを余儀なくされた。優勝選手から数十秒遅れのゴールを目標にせざるを得ない姿が、今季の彼の常態になってしまっていた。

 そのロレンソのかつてのチームメイトで、彼の眼前に大きく立ちはだかっていたバレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハ MotoGP)の一年もまた、うまく噛み合わないシーズンだった。

 今季の彼の成績は、ドゥカティの暗黒時代以来と言っていいほどの厳しい結果になってしまった。第18戦終了段階でのランキングは7位。ロードレース界に偉大な足跡を残してきたこの巨人が、今年の18レースでは2回しか表彰台を獲得していない。15戦無表彰台という記録は、2011-12年シーズン以来だ。そして、最後に優勝してから45戦が経過した。これは彼のキャリアでも最長記録となっている。

 これらの数字もさることながら、今季たびたび低位に沈んでいた彼の姿は、見ていてもつらい。よくないレースでは、とことんダメな結果になった。

 たとえば、ムジェロ(第6戦・イタリアGP)やアッセン(第8戦・オランダGP)、もてぎ(第16戦・日本GP)のレースを振り返ってみよう。ムジェロやアッセンはロッシにとって得意中の得意コースだが、ムジェロではオーバーランを喫して最後尾走行中に転倒リタイア。アッセンでは11位走行中に他車を巻き込んで転倒、もてぎでも11番手で終盤に転倒しリタイアで終えた。これらは24年に及ぶ彼のレースキャリアのなかでも、かんばしくない部類の結末だ。