2019.11.07

チーム・ルマン、悲願のスーパーGT制覇を
亡きエンジニアに捧げる

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 2019年のスーパーGTシリーズ最終戦が11月2日、3日にツインリンクもてぎで行なわれ、今季の年間チャンピオンが決定した。GT500クラスの王者に輝いたのは、WAKO’S 4CR LC500(ナンバー6)の大嶋和也/山下健太組。さまざまな困難を乗り越えて、初の栄冠を掴んだ。

左から大嶋和也、脇阪寿一監督、山下健太 WAKO’S 4CR LC500を駆るチーム・ルマンが最後にタイトルを獲得したのは、全日本GT選手権時代の2002年。当時ドライバーを務めていた脇阪寿一を2016年から監督として迎え入れ、新体制で王座奪還を目指してきた。

 脇阪監督が就任した1年目はコンスタントにポイントを獲得していくも、あと一歩及ばずドライバーズランキング2位。そこでの反省点を踏まえて2017年も快進撃を見せたが、最終戦のフォーメーションラップでアクシデントを起こしてしまい、後方への脱落を余儀なくされた。

 2018年にはエース大嶋の新パートナーとして、国内外で定評があったフェリックス・ローゼンクヴィストを獲得。開幕前のテストでチームはトップタイムを連発するなど絶好調で、チャンピオン候補としておおいに注目を集めた。

 しかし、そんなチーム・ルマンを大きな悲しみが襲う。長年チーフエンジニアとして活躍し、脇阪監督も絶大な信頼を置いていた山田健二エンジニアがシーズン開幕直後に急逝したのだ。

 チームの大黒柱を突然失った影響は、あまりにも大きかった。第2戦・富士以降はチャンピオン経験のある田中耕太郎エンジニアが後を引き継いだものの、悪い流れを立て直すことができず、ドライバーズランキング10位という結果に終わった。

 そして2019年――。失意の昨シーズンを経て、脇阪監督は体制の一新を決断する。

 まず、前年のスーパーフォーミュラで山本尚貴を年間王者に導いた阿部和也エンジニアがTEAM MUGEN(ホンダ)から加入。阿部は2002年にチーム・ルマンが年間王座を獲得した時のメカニックで、その才能と献身ぶりは脇阪監督も当時から認めていた。

 また、ドライバーは大嶋の新パートナーにGT500クラス2年目の山下健太を獲得。王座奪還へのピースを着実に埋めていった。