2019.10.17

トロロッソへ降格で凹んでいたガスリーが、
鈴鹿で笑顔を取り戻した!

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 鈴鹿サーキットは、世界中のどのサーキットよりも多くのトロロッソシャツがスタンドを埋め、熱心な声援を送ってくれる。彼らの地元モンツァよりも、どこよりもだ。

 ピエール・ガスリーも、地元フランスGPよりも多くの声援を受けることに、ただただ感動している。

ガスリーは大声援をバックに見事8位入賞を果たした「僕らがシーズン中で最も大きな応援をもらうレースだし、走行が始まる前の木曜日でさえ大勢のお客さんが来てくれて、あちこちで応援してくれる。本当に特別なレースだよ。

 去年もものすごい応援をもらったけど、おそらくあれは僕がレースを始めてから今までで最も大きな応援を受けたレースだったと思う。日本のファンは本当に情熱的だし、応援にもそれが反映されているよね。だから、日本のみんなのためにポイントを獲りたい」

 スーパーフォーミュラを1年間戦ったこともあり、日本には特別な思いを持っているガスリーは、日の丸を大きく大胆にあしらったヘルメットを携えて鈴鹿にやって来た。

「トロロッソは日本GPに車体側のアップグレードを持ち込むので、その効果も楽しみだよ。日本のファンの前でいいパフォーマンスを発揮したいからね。去年だって、予選では6位・7位に入る活躍ができた。レースはイマイチだったけど、今年は予選と決勝をひとつにまとめ上げていい結果を手に入れたい。ホンダにとっても、日本のファンにとっても、特別なレースだから」

 ダニール・クビアトにはここ数戦、トラブルが相次いで満足に走れないレースが続いたが、チーム内の雰囲気はいい。アップダウンの激しかった昨年とは違い、今のトロロッソには中団グループのなかで着実にQ3進出とポイント圏内を争う競争力があるからだ。

 チーム内では、昨年の日本GPとスーパーフォーミュラ最終戦、そして今回で3度目の台風を鈴鹿に呼んだガスリーを「嵐を呼ぶ男だ」と言って、盛り上がる余裕があった。

 しかし、台風の影響で土曜セッションのキャンセルが早々に決まり、金曜のフリー走行だけでマシンを仕上げなければならなくなった。さらにFP1では、ガスリーのクルマに山本尚貴が乗り込むことが決まっており、ガスリーはたった1回のフリー走行(FP2)だけで予選に臨む、という難しい状況だった。