2019.09.12

スーパーGTで波乱。難解コンディションが
ふたりのヒーローを生んだ

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 9月7日・8日に大分県のオートポリスで開催されたスーパーGT第6戦は、不安定な天候によって大波乱のレースとなり、最後まで誰が勝つかわからない展開となった。

 その混戦を制したのは、GT500クラスはレクサス。ヘイキ・コバライネン/中山雄一のDENSO KOBELCO SARD LC500(ナンバー39)が今季初優勝を遂げた。一方、GT300クラスは吉本大樹/宮田莉朋のSYNTIUM LMcorsa RC F GT3(ナンバー60)が優勝し、こちらもレクサスが制した。

GT500クラスを制した中山雄一(左)とヘイキ・コバライネン(右) まず、GT500クラスで優勝した39号車は、1年2カ月ぶりの美酒を味わったコバライネンもさることながら、今季からGT500にステップアップした28歳の中山雄一に注目したい。

 中山は2013年に全日本F3選手権でチャンピオンに輝くと、2014年にはスーパーフォーミュラに参戦。そして2015年からは、スーパーGTのGT300クラスでフル参戦するチャンスを掴んだ。

 だが、GT300クラスでは、2015年=3位、2016年=2位、2017年=3位と、毎年チャンピオン争いに絡むも、最後は一歩及ばず。GT500クラスにステップアップするチャンスもなかなか得られなかった。

 しかし今年、ついにGT500クラスのシートを掴むと、参戦1年目とは思えない安定したパフォーマンスを披露。シーズン前半戦から常にトップ争いに加わる活躍を見せた。

 そして今回、このオートポリスで主役となる時が来た。

 土曜日は急激に気温が上昇し、予選Q1は各チームとも対応に追われて大苦戦。昨年王者のジェンソン・バトン(ナンバー1/RAYBRIG NSX-GT)などが予選Q1で脱落する結果となった。そんななか、中山は5番手タイムをマークしてQ2に進出。最終的には5番グリッドを手にした。

 さらに決勝でも、中山の走りが冴えわたる。雨が降ったり止んだりする難しいコンディションのなか、中山はウェットタイヤを装着して後半スティントを担当。ところが、レース終盤になるにつれて急速に天候が回復し、路面は完全にドライコンディションとなる。しかし、中山は最後までウェットタイヤで耐えしのぎ、スリックタイヤで追い上げてくるライバルを振り切ってGT500初優勝を飾った。