2019.08.13

今季F1の前半戦総括。レッドブル・ホンダがレースを面白くしている!

  • サム・コリンズ●取材・文 text by Sam Collins
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 2019年シーズンのF1は、ここまでのリザルトを一見したところだと、メルセデスが圧倒的に優位にあるように見える。だが、実際のところははるかに複雑な様相を呈しているのだ。ハンガリーGPを終えてサマーブレイクに入っているこのタイミングで、シーズン前半戦を振り返ってみよう。結果が示す以上に、緊密な争いが繰り広げられていることがわかるはずだ。

 メルセデスは、ここまで10勝を挙げている。昨年王者のルイス・ハミルトンが8勝、フィンランド人のチームメイト、バルテリ・ボッタスが2勝、という内訳だ。

ハンガリーGPはメルセデスが優勝。2位にレッドブル・ホンダ、3位はフェラーリだった F1に復帰してからずっと苦戦続きだったホンダは、ここに来てようやく活路を見いだした。今では、屈指の戦闘力を誇る陣営だ。マックス・フェルスタッペンがパワーユニットの性能を存分に発揮し、レッドブル・ホンダは2勝を挙げた。同じくホンダ製パワーユニットを使用するジュニアチームのトロロッソ・ホンダも、ドイツGPでは力強い走りを披露してチーム二度目となる今季初表彰台の3位を獲得。続くハンガリーでもポイントを獲得し、コンストラクターズランキング5位で前半戦を終えている。

 ホンダの躍進とともに、もうひとつ、今シーズンのF1を面白くしている要素が、若い才能の活躍だ。トロロッソからレッドブル・ホンダへの昇格が決まった、アレックス・アルボンが強烈な印象を与えた。イギリス生まれでタイ国籍のこのドライバーは、プレシーズンテストまでF1マシンを操縦したことがなかったが、いまでは将来のチャンピオン候補とも目されている。また、トロロッソのダニール・クビアトは、2017シーズンの途中でシートを喪失したが、復帰を果たした今年はしっかりと存在感を発揮している。