2019.07.09

MotoGP前半戦終了。日本人ライダー
7人は皆、輝きを放っていた

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 ザクセンリンク・サーキットで行なわれた第9戦・ドイツGPを終え、2019年のMotoGPは20日間の夏休み期間に入った。この前半9戦を振り返ると、MotoGP、Moto2、Moto3の3クラスで、日本人選手たちはそれぞれに印象的な存在感を発揮していると言えそうだ。

MotoGPで2年目のシーズンを戦う中上貴晶のサムネイル画像 MotoGPクラスでは、ロードレースの世界最高峰で2年目のシーズンを迎える中上貴晶(なかがみ・たかあき/27歳/LCR Honda IDEMITSU)がランキング12位につけている。

 チャンピオンシップ12番手という数字自体は、けっしてめざましい成績ではない。だが、昨年仕様のマシンで戦う中上は、ほぼ毎回、予選で上位選手が争うQ2に進出し、決勝レースも転倒で終えた第5戦・フランスGPと第8戦・オランダGPを除き、コンスタントにトップテンフィニッシュでチェッカーフラッグを受けている。

 とくに、今回の第9戦・ドイツGPでは、先週のオランダで転倒に巻き込まれた際に左足首のじん帯を傷め、歩くこともままならないような体調でレースウィークに入った。走行中の左足首は、シフトチェンジや体重移動の操作などで頻繁に使用するため、セッションを重ねるごとに負傷部位はどんどん悪化していった。

 それでも、土曜の予選ではQ1からQ2に進出して、10番グリッドを獲得。この段階では、「この足の状況では30周のレースはとても無理」と述べるような状態だった

 日曜は、朝のウォームアップと決勝前に鎮痛剤の注射を打って臨み、「今回の目標は完走すること」と話していたにもかかわらず、14位でチェッカーフラッグ。2点のチャンピオンシップポイントを加算した。

 ドイツGPは、10年連続優勝を果たしたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)に最大の注目が集まるレースウィークだったが、負傷を抱えた身体でポイント圏内フィニッシュを果たした中上も、その勇気と闘志でファンに大きな感動を与えた。

 2019年前半戦の中上は、今のところ与えられた条件下で可能なかぎりの好結果を残してきた、と言っていい。8月から始まるシーズン後半戦では、ホンダ、ヤマハ、スズキ、ドゥカティのファクトリー勢へさらに迫り、上位陣を脅かすパフォーマンスも期待されるようになっていくだろう。