2019.04.25

ガラッと変わったスーパーフォーミュラ。
開幕戦でルーキーが大苦戦

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 先週のスーパーGTに続き、国内最高峰のモータースポーツのひとつ「全日本スーパーフォーミュラ戦選手権」が開幕した。4月20日、21日に鈴鹿サーキットで行なわれた第1戦では、例年と比べて大きく変わった点が多々見受けられた。

開幕戦を制したのは昨年タイトル争いを演じたニック・キャシディ まず、使用マシンがダラーラ製の『SF19』に変更された。F1でも導入されている安全装置「HALO(ヘイロー)」が装着され、前年まで使用していたマシンとは外観が大きく異なっている。

 そして、ドライバー陣にもチーム間の大移動があった。

 一番のトピックは、昨年チャンピオンの山本尚貴が移籍したことだろう。長年在籍したTEAM MUGENを離れ、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGに加入した。さらに、昨年ドライバーズランキング2位のニック・キャシディもKONDO RACING からVANTELIN TEAM TOM’Sに移籍。そしてキャシディの抜けた穴には2016年王者の国本雄資が加わるなど、ドライバーの移籍が目立った。

 今年のエントリーは、昨年より1台増えて計20台。そのうち、約半数は新人ドライバーという構成になっているのも特徴だ。

 レッドブルジュニアチームでF1ステップアップを狙う19歳のダニエル・ティクトゥム(TEAM MUGEN)、ヨーロッパの舞台で実績を積んできた24歳のアーテム・マルケロフ(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、ゲルハルド・ベルガーを叔父に持つ24歳のルーカス・アウアー、現在レッドブルのチーフテクニカルオフィサーを務めるエイドリアン・ニューウェイの息子である20歳のハリソン・ニューウェイ(ともにB-Max Racing with motopark)、そして全日本F3選手権で19戦17勝の快挙を成し遂げた23歳の坪井翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)など、期待の新人たちが日本のトップフォーミュラに挑戦する。

 冬のテストでは、新人ドライバーのアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイムを連発。それに刺激されたかのように、他の若手たちも好タイムを記録していた。王者・山本をはじめ先輩ドライバーを脅かすような走りは、開幕での波乱を予感させた。

 迎えた開幕戦の予選では、そのパロウと、昨年FIA F2で走っていたチームメイトの牧野任祐が見せ場を作った。Q1とQ2でパロウがトップタイムを記録すると、Q3では牧野がパロウを逆転。デビュー戦でポールポジション獲得という快挙を成し遂げた。新人ふたりがフロントローを独占するのは、シリーズ史上初の快挙だ。