2018.12.30

2018年のF1振り返り。
ホンダの出来は予想以上だったのか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

「2018年シーズン10大注目ポイント」の答え合わせ(2)

 1年前に『Sportiva』で紹介した2018年シーズンの戦前予想がどれだけ当たっていたのか、その答え合わせをする第2弾。あの大型新人ドライバーについても触れていたが、はたして結果は――。

「2018年シーズン10大注目ポイント@中編」はこちら>>>

「2018年シーズン10大注目ポイント」の答え合わせ(1)はこちら>>>

HALOの導入されたF1マシンも、もはや見慣れた光景となった(4)トロロッソ・ホンダに勝機はあるのか? → 【結果】△

 ホンダが新たにタッグを組んだトロロッソとの道筋はけっして平坦ではなく、表彰台獲得は困難で、レース運営面の弱さでマシンパッケージの実力をフルに発揮しきれないだろうと予想した。そして残念ながら、多くのレースでそういう結果になってしまった。

 中団グループでコンスタントに入賞圏を争うという再スタートいう予想については、たしかに争いはしたものの、実際には「コンスタントに入賞」とまではいかなかった。

 それでも、バーレーンGPとハンガリーGPでは中団グループトップの実力と結果を手にするなど、予想以上の走りも見せた。だからこそ、ランキング9位に終わってしまったのは、「実力を結果に結びつけられない」というチーム力不足を証明することになってしまったのだが……。

 ただ、日本人や日本企業のメンタリティをよく理解しているフランツ・トストの統率もあって、トロロッソとホンダの関係は極めて良好だった。両者の協力体制は、技術面でも運営面でも予想以上にスムーズにいった。

 そしてホンダも、マクラーレンと組んだ過去3年間とは別次元の組織に生まれ変わり、ようやくF1で戦えるレベルのパワーユニットサプライヤーへと成長してきた。大幅な進歩は難しいだろうと予想したが、スペック2、そしてスペックス3では予想以上の進化を見せた。