2018.10.31

戴冠を決めたハミルトンに
ベッテルが「辞めるな」と言った理由

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 第19戦・メキシコGPを4位でフィニッシュしたルイス・ハミルトンが自身5度目の戴冠を決め、大観衆の前でドーナツターンを決めて喜びを表現した。

 マシンから降りたハミルトンのところへ、チャンピオン争いに敗れたセバスチャン・ベッテルがインタビューを早々に切り上げて歩み寄り、声をかけた。

「辞めないでくれよ、僕には君という来年戦う相手が必要なんだから」

ドーナツターンを決めて観衆を沸かせたルイス・ハミルトン アスリートは最高の好敵手がいてこそ磨かれ、光り輝く。来季の雪辱を期すベッテルにとって、ハミルトンという当代最強のライバルがいなくなることほど残酷なことはない。

 しかし、自身も4度の王者であるベッテルは、激しい戦いの末に勝利を掴み獲ったその達成感の大きさを知っているがゆえに、ハミルトンが新たな挑戦へのモチベーションを見出すことができず、F1から去ってしまうのではないかという不安を抱いたのだ。

 5度目の王座を獲得したハミルトンは、それを味わうように、この1年を振り返った。

「去年だってすばらしい1年だった。それを終えたとき、どうすれば自身の限界をさらに超え、今まで以上に能力を絞り出すことができるだろうかと考えた。だけど結局のところ、これといった何か特別な方法論なんてない。最良のバランスを見つけ、いい流れを作り上げて、キャリアで最高のレースができたことが、今ここに座っている理由なんだと思う」

 シーズンが始まってみれば、フェラーリはかつてないほどの速さを誇り、これまで絶対王者であり続けたメルセデスAMGをしばしば凌駕した。

 それはハミルトンとメルセデスAMGにとって、これまでになく厳しいシーズンを意味していた。

「今年は本当に厳しい1年だったし、すばらしいバトルに満ちたシーズンだった。これは多大なる努力によって成し得たもので、自分たちの限界をさらに押し上げる本当に大きなチャレンジだった。