2018.10.28

元F1王者のJ・バトン、辛くもランキング
首位をキープも本音がポロリ

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

【連載】ジェンソン・バトンのスーパーGT参戦記(8)

 スーパーGTのチャンピオン争いが佳境を迎えている。フル参戦初年度ながら着実にポイントを積み重ねてきたジェンソン・バトンは、前回の第6戦・SUGOでついにポール・トゥ・ウィン。参戦6戦目にしてスーパーGT初優勝を飾り、ポイントラインキングでチームメイトの山本尚貴とともに12ポイントのリードを築いた。

「ジェンソン・バトン連載」(1)から読む>>>

ジェンソン・バトンはフル参戦1年目でチャンピオン獲得なるか 第7戦・オートポリスの結果次第では、チャンピオンが決定する可能性もある。バトンは8月末に行なわれたタイヤテストでオートポリスのコースを入念に走り込み、レース前から手応えを感じていたという。今回も予選Q1を担当し、トップから0.2秒差の5番手タイムをマーク。Q2の山本につなぎ、最終的にRAYBRIG NSX-GT(ナンバー100)は3番グリッドを手にした。

 予選では、ホンダNSX-GT勢がトップ3を独占する圧倒的な速さを見せた。トップとレクサス勢との差は1秒以上。バトンも予選後に満面の笑みをこぼし、決勝に向けて期待が高まっている様子だった。

 しかし、フタを開けてみると、予想以上に苦しい展開を余儀なくされる。バトンは前半スティントを担当したのだが、スタートでスピードがまったく伸びず、予選4番手のau TOM’S LC500(ナンバー36)にあっさりと先行を許してしまったのだ。

 スピードが伸びない要因は、100号車のウェイトハンデにある。第6戦・SUGOで優勝したことによって、第7戦ではGT500クラスで一番重い61kgのウェイトハンデを背負うことになり、燃料リストリクター制限(51kg以上から対象)も受けることになった。もちろん、これらのハンデがあると、スタートなどの加速勝負では圧倒的不利となる。

「アクセルを全開にしたけど、36号車に抜かれてしまった。燃料リストリクターが絞られていた影響だと思う。その後も、とくにストレートスピードでは苦労した」(バトン)