2018.10.20

トロロッソでデビューして丸1年。
ハートレイは来季シート確保へ正念場

  • 米家峰起●取材・文・撮影 text & photo by Yoneya Mineoki

 ブレンドン・ハートレイにとって、今週末は人生で初めて「F1で2回目」のサーキットで戦うレースになる。

 ル・マン覇者でありWEC(世界耐久選手権)王者としてポルシェのワークスチームで戦っていた彼は、1年前のここでトロロッソのドライバーに指名され、急転直下のF1デビューを果たした。

ブレンドン・ハートレイは昨年のアメリカGPでF1デビューした「去年ここでデビューを果たして、初めてスターティンググリッドに並んだときは、とても特別な気分だったよ。とにかくすごくハッピーだった。

 ここで初めてF1マシンをドライブしたときのことも忘れられない。セクター1の高速セクションでは、首が右に左に引きちぎられそうだったよ(笑)。あのときは初めてのF1で、週末の間に学ぶことがものすごく多くて本当に大変だったけど、それもいい思い出だ」

 リザルトは決して派手ではないが、この1年間でレーシングドライバーとして大きく成長できたと、ハートレイ自身は実感している。

 技術的なことでいえば、温度に敏感なピレリタイヤの扱い方が話の中心になる。しかし、F1はそれ以外にもメンタルという大きな要素が必要だったと、この1年間を振り返る。

「ピレリタイヤの扱い方というのが一番のチャレンジだったし、新しいチームでイチから仕事のやり方を学んでいくのも簡単なことではなかった。だけど、F1でのプレッシャーとの戦い方は、僕が今までいた世界とは一線を画すものだった。

 F1では常に大きな注目を浴びているし、必要以上のプレッシャーがのしかかる。そんななかで自分の仕事に集中し、自分自身の能力を最大限に発揮するのは簡単なことではなかった。レーシングドライバーとしては大きく成長することができたと思う」

 ハートレイが語る「プレッシャー」には、当然、シートを巡る噂も含まれる。来季のシートはおろか、シーズン途中に交代なのではないかという噂が、シーズン序盤から流れる異常な状況だった。