2018.10.03

世界最速の走りが目の前で!
鈴鹿F1の「鳥肌&穴場」スポットはここだ

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • photo by AFLO

【短期連載】鈴鹿F1日本グランプリ30回記念企画

 いよいよ開幕が迫った2018年のF1日本GP。今年で30回目の開催となる鈴鹿サーキットはシリーズ屈指の高速コースで、世界最高峰の走りを間近で観戦できるスポットが非常に多い。

 やはり今年注目したいのは、さらに迫力の増したコーナリングスピードだろう。

F1日本GP「伝説の瞬間」(1)から読む>>>

コーナリングスピードの増したF1マシンを間近で観られるF1日本GP「伝説の瞬間」(9)@観戦ポイント編

 鈴鹿サーキットのコースレコードを見てみよう。1991年、ゲルハルト・ベルガー(マクラーレン)が1分34秒700の歴代最速タイムを記録。その後、マシン開発の目覚ましい進歩によって、2006年にはミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が予選Q2で1分28秒954というタイムを叩き出した。

 ところが翌年、レギュレーションの改定でスピードが若干抑制されることになり、以降は1分30秒を切るラップタイムが出なくなった。しかし、2017年からコーナリングスピードが大幅に向上するレギュレーションに変更されたことにより、各サーキットで軒並みコースレコードが連発。鈴鹿でもルイス・ハミルトンが1分27秒319をマークし、11年ぶりにコースレコードが更新された。

 今年はさらにF1マシンのスピードが上がっており、条件が整えば1分25秒台という驚異的なタイムが記録されるのではないか、とも噂されている。そうなると、直線でのスピードはもちろんのこと、各コーナーでのスピードも鈴鹿史上最速の走りが観られるのだ。

 その異次元の速さを間近で体感できる鳥肌スポットは、コース前半の東コースだろう。とくに2コーナーの【B席】は目の前の1~2コーナーだけでなく、その後のS字区間も見渡せる人気スポットだ。

 また、多くのF1ドライバーが「挑戦しがいがあるコーナー」として挙げるS字区間を一望できる【D-5席】も注目したい。以前と比べ物にならないほど迫力ある走りが観られることは間違いないだろう。

 もちろん、これら以外にも各所に人気ポイントは数多くある。そんな鈴鹿サーキットの「穴場スポット」を紹介しよう。