2018.05.31

ホンダのエース山本尚貴、
快進撃の裏に「ガスリーに完敗」の苦い経験

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 吉田成信●撮影 photo by Yoshida Shigenobu

 スポーツランドSUGOで5月26日~27日に行なわれた全日本スーパーフォーミュラ第3戦は、山本尚貴(TEAM MUGEN)が先行するライバルを逆転し、開幕戦に続いて今季2勝目を飾った。第2戦・オートポリスが悪天候で中止になったため、記録上は「2勝目」という扱いだが、実質的には今季2連勝。早くもランキング2位以下に11ポイントもの大量リードを築き、首位を独走している。

今季早くも2勝目をマークして絶好調の山本尚貴 今シーズンの山本はスーパーGTでも大活躍中で、こちらは3戦を終えて2位表彰台を2度獲得。ジェンソン・バトンとともにランキングトップを快走しており、今一番「波に乗っているドライバー」と言っても過言ではない。

「(好調な)要因はひとつだけではないと思います。いろんな要素が絡み合って、今の調子のよさにつながっていると思います」(山本)

 ホンダ陣営のパフォーマンスアップやチームのミスのない作業など、周囲のサポートが好成績につながっているのは間違いない。ただ、それとは別にもうひとつ、山本が躍進するキッカケとなったのは、昨年のスーパーフォーミュラでチームメイトとなったピエール・ガスリーの存在だという。

 2016年にGP2(現FIA F2)を制したガスリーは昨年、山本の所属するTEAM MUGENに加入し、スーパーフォーミュラ1年目ながら2勝をマーク。ランキング2位でシーズンを終えた。その活躍が認められてシーズン途中からF1のシートを獲得し、今季はトロロッソ・ホンダからF1フル参戦を果たしている。

 チームメイトが活躍する一方で、昨年の山本は苦戦の多いシーズンを送った。開幕戦の鈴鹿で2位表彰台を獲得したものの、それ以外では0ポイントに終わるレースが続いた。

 これまでTEAM MUGENは1台体制でレースに挑むことが多かった。だが、昨年はガスリーが加入したことによって2台体制となり、チーム内の環境もいくつか変わったという。

 自他ともに「ホンダ陣営のエース」と認める山本からすれば、新加入のガスリーは絶対に負けてはいけない相手だった。だが、その「負けたくない気持ち」が空回りとなったのか、特に昨年の後半は地に足がついていないほど落ち着きのない様子だったのを覚えている。