2018.02.25

佐藤琢磨、テストで最速。新チームは
「何かすごい秘密」を知っている

  • 天野雅彦●文 text by Masahiko Jack Amano 松本浩明●写真 photo by Hiroaki Matsumoto

 2013年、AJ・フォイト・レーシングでインディカーシリーズ初勝利を挙げた佐藤琢磨は、伝説のドライバーがオーナーを務めるこのチームで4シーズンを過ごした後、2017年にアンドレッティ・オートスポートへと移籍した。

 琢磨がチップ・ガナッシ・レーシングと天秤にかけながらアンドレッティを選んだのは正解で、移籍1年目にインディ500優勝という大仕事をやってのけた。4台体制で集める膨大なデータの中から必要なものを選び出すエンジニアリング能力の高さを発揮した琢磨は、勝利こそインディ500での1回だけだったが、シーズン半ばからはコースを選ばずにトップレベルの速さを見せ続けた。

 チームのエンジニアリング強化と琢磨の参画が相乗効果を発揮したわけだが、そんなアンドレッティ・オートスポートを、琢磨はたった1年で離れることに決めた。2012年に1シーズンをともに過ごしたレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰するというのだ。

フェニックスで行なわれたテストでは、4セッション中、3回でトップタイムを出した佐藤琢磨 誰もが驚いたこの決断の裏には、アンドレッティ・オートスポートが使用エンジンをシボレーに戻すことを検討したことがあった。ホンダ契約ドライバーの琢磨はシボレーチームでは走れない。いいシートが埋まってしまう前にと、琢磨は素早く動いてレイホール復帰を決めた。

 アンドレッティ・オートスポートのオーナーであるマイケル・アンドレッティとすれば、「2メーカーのどちらが自分たちにとってベターかを検討しただけ」だったが、空力面などでの技術サポート、つまりは金銭面での支援をより手厚く提供してくれる側を選びたかったというのが本音だろう。