2017.03.24

トヨタ、ニッサン、マツダ…。
日本の怪物マシンがタイムスリップで出現

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 村上庄吾●撮影 photo by Murakami Shogo

 エコカー全盛の現在では、かつてのように各メーカーが”ワークス”としてガチンコでぶつかり合うことは難しいかもしれない。しかし、今もSUPER GTシリーズでは、トヨタ、ニッサン、ホンダがそれぞれマシンを用意して、系列のチームによる熱い戦いを繰り広げている。これからも国内のモータースポーツの歴史が刻まれていくように、ファンはぜひ、富士をはじめとするサーキットに足を運んでほしい。

レナウン・チャージカラーのマツダ787B(1991年)。ルマンを走った787Bとはバージョン違いのためヘッドライトがない。ステアリングを握るのは「ミスター・マツダ」の寺田陽次郎
【フォトギャラリー】 トヨタ、ニッサン、マツダ…。
日本の怪物マシンがタイムスリップで出現>>

■モータースポーツ 記事一覧>>

関連記事