2016.11.17

気まぐれな天気より謎。
マクラーレン・ホンダは速いのか、遅いのか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 ホンダの長谷川祐介F1総責任者は語る。

「アンダーステアだから(最終コーナーで曲がらず)メインストレートの立ち上がりで踏めないということと、上り坂でパワー勝負だから伸びないというのと、その両方だと思います。ここのところずっとそうですけど、やっぱりグリップが低くて、コーナーの入口がアンダーステアで出口がオーバーステアっていう、ずっと同じコメントですからね」

 加えて、金曜のFP-2(フリー走行2回目)では旧型スペック「3.0」のMGU-H(※)冷却系から水漏れが発生し、アロンソはコース脇にマシンを止めて、テレビカメラマンの席でカメラ操作を楽しむ場面もあった。バトン車のほうは排気管を覆う耐熱材が剥がれ、ギアボックスが過熱して走行を途中で終えた。

※MGU-H=Motor Generator Unit-Heat/排気ガスから熱エネルギーを回生する装置。

 土曜のFP-3(フリー走行3回目)ではバトン車の電源が一瞬落ち、リセットして惰性でふたたびエンジンがかかってピットには戻れたものの、原因はわからずに念のためバッテリーとECU(電子制御装置)を交換することになった。アロンソ車も走行の直前になってギアボックスのセンサーに異常が見つかり、急きょギアボックスを取り外してセンサーを交換する場面があった。