2016.05.26

Q3初進出の裏で、ホンダとマクラーレンの
間に流れる不穏な空気

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 しかし、ホンダと同等か、それ以上に非力なルノー製パワーユニットを搭載するレッドブルがセクター1やセクター2でもマシンとして2~3番手につける好走を見せ、同じパワーユニットを搭載する本家ルノーはマクラーレン・ホンダよりも下位に沈んでいる現状を見れば、車体性能がよいと訴えることも、パワーユニットだけに責任をなすりつけることも、説得力がなくなってしまう。

 コーナーからの立ち上がり加速が鈍いのは、一見するとパワー不足のようにも見えるが、実際にはスロットルを100%全開にするタイミングが遅いせいだ。

「はっきり言ってしまうと、そこは車体ですよね。出口で踏めないのは、エンジンのせいじゃないと思いますから(苦笑)。レッドブルと比べると、あちらは圧倒的に立ち上がりが速いとドライバーも話していました。今回のレースでは(追い抜きのためには)立ち上がりの加速がカギだったと思います。パワーで最高速が稼げていれば、そのぶん挽回できたわけですが......」

 パワーユニット側は、ロシアGPに引き続き"予選モード"を常に使う攻めの姿勢を、このスペインGPでも貫いた。というよりも、ロシアGP以前は安全マージンを取り過ぎていた、とも言える。