2015.07.14

【MotoGP】混戦の2015前半戦総括。
ロッシは王座を奪還できるか?

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 シーズン18戦のちょうど折り返し地点となる第9戦ドイツGPを終えて、2015年のチャンピオンシップはバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)がランキング首位に立っている。

 36歳のロッシは、2009年を最後にこの5年間はチャンピオンの座を逃していたが、今年は開幕戦カタールGPの優勝以来、ここまでの9戦で毎戦表彰台に登壇する好調な走りを続けている。さらに長い目で見れば、ロッシは昨年10月の日本GP以来、13戦連続の表彰台獲得だ。

 第9戦ドイツGPの舞台であるザクセンリンクサーキットは、コースレイアウトやバイクの特性面などでホンダに有利なコースと言われており、実際、ヤマハ勢は2009年以来優勝を飾っていない。

 今年のレースでも、当地を得意とするマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が金曜のフリープラクティスから圧倒的な優勢を示し続け、決勝でも後続を大きく引き離す圧勝劇になった。

ドイツGP優勝はマルケス。2位にペドロサ、3位にロッシが入った このような展開をロッシは想定済みだったようで、マルケスとチームメイトのダニ・ペドロサが1-2フィニッシュを遂げた後方の3位でゴール。この結果をもって「今回はひとまず納得」とロッシはレース後に語った。