2014.11.12

【F1】メルセデスの僚友対決。王座に就くのはどちらか?

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 サンパウロのインテルラゴスサーキットで開催されたブラジルGPの決勝直前。超満員のグランドスタンドから地元の英雄フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)を讃える「マッサコール」が沸き起こるなか、ポールポジションについたニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)は落ち着いていた。

ブラジルGP優勝はニコ・ロズベルグ(写真右から2番目)。2位にルイス・ハミルトン(左)。3位は地元ブラジルのフェリペ・マッサ(右) レースは中盤から、トップを走るロズベルグの背後にルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)が迫り、その差が1秒を切るテールトゥノーズの距離でプレッシャーをかけてきた。それでもなお、ロズベルグは冷静だった。

「ルイスを抑え切る自信はあったよ。第1スティントの時点ですでにギャップをコントロールできていたし、後ろを見ながら最後までペースをコントロールするだけだった」

 ブラジルGPでのメディアの注目は、選手権リーダーのハミルトンよりも、むしろロズベルグの方に集まっていた。ブラジルでタイトルが決まることがなかったとはいえ、ロズベルグにとっては絶対に負けるわけにはいかないレースだったからだ。

 ロズベルグは7月の第10戦ドイツGPを最後に勝利から遠ざかっており、何より1週間前のオースティン(アメリカ)では、コース上でハミルトンにぶち抜かれて屈辱的な敗北を喫していた。さかのぼれば、ソチ(ロシア)では1周目に勝負を賭けた末にタイヤをロックさせて自滅、鈴鹿では雨の中でやはりハミルトンにオーバーテイクを許した。

 今季後半戦、ハミルトンが破竹の5連勝を達成した一方で、負けが込んでいるロズベルグは、ここで勝てなければドライバーとしての未来がもうないのだ。

 しかし、ロズベルグには勝利する自信があった。ハミルトンを抑えきることができるという自信と冷静さの根拠は、金曜日からのフリー走行にあった。