2014.11.11

【MotoGP】ロッシが語る王者マルケスを倒すための対抗策

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 2014年を締めくくる第18戦バレンシアGPで13勝目を挙げ、シーズン最多勝記録を更新したマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)にとって、この日ばかりは自分自身の勝利よりももっとうれしいことがあった。弟アレックスがMoto3クラスのチャンピオン争いを制して、2014年の年間総合優勝を達成したのだ。

 アレックスは、マルクよりも3歳年下の18歳。今シーズンはオーストラリア人選手の19歳、ジャック・ミラーと熾烈な戦いを繰り広げてきた。最終戦を前に、両名のポイント差はアレックスが11点をリード。ミラーにしてみれば、優勝するしかないレースだった。

 その決勝レースで両名は真っ向勝負ながらクリーンなファイトを繰り広げ、ミラーが優勝。0.955秒差の3位でチェッカーを受けたアレックスが、今年のMoto3クラス王座に就いた。終わってみれば、ふたりのポイント差がわずか2点であったところを見ても、彼らのチャンピオン争いがいかに厳しく激しいものであったかということがよくわかる。

 弟のチャンピオン獲得の瞬間に駆けつけた兄のマルクは、バイクを停止させるパルクフェルメに戻ってきた弟と笑顔で抱き合い、全身で喜びを表現した。

最終戦でも優勝し、特製ヘルメットを手におどけた表情を見せるマルク・マルケス「アレックスは僕の弟だから有利だと考える人もいるみたいだけど、逆だと思う。皆からいつも注目されて、『お兄ちゃんはチャンピオンなのにね』と言われてしまうから、今日も相当なプレッシャーだったはず。でも、それをはねのけて自分の手で勝利をつかんだのだから、それをとても誇らしく思う。今日は、ツインリンクもてぎ(日本GP)で自分がチャンピオンを決めたときよりもうれしい。本当に格別な一日になったよ」

 そこまで何もかも手放しで喜ぶことができるのは、もちろん、自分自身もきっちりとレースで勝利を収めているからだ。