2012.06.26

【F1】「これが現実」。トップチームと競り合う苦悩にぶつかった可夢偉

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

「運がないとしか言いようがないですね……」

 レースの世界にタラレバは禁物だ。

 リタイアしたベッテル(レッドブル)も、マシントラブルがなければ圧勝だっただろうし、その後アロンソを追いかけたロマン・グロージャン(ロータス)はタイヤへの優しさに自信を持っており、チームは勝てると確信していたが、やはりトラブルに泣いた。

 だが、可夢偉の場合はベッテルやグロージャンのようなトラブルではない。ただの不運とは言い切れない。

「まぁ、これが結果です。チーム力の差というか、そういうものだと思います……」

 全ての元凶となった最初のピットストップのミス。その原因は人為的なものなのかメカニカルなものなのかは分からないが、トップチームであれば、ザウバーにこれまで何度も起きているこうしたミスは繰り返さない。

 中堅チームでトップチームと渡り合う苦悩。

 可夢偉に必要なのは、運だけではないのかもしれない。

関連記事