安田記念でほのかが選んだ本命はGI未勝利馬 完全なマイラーより少し長めの距離で好走してきた馬を中心に印を打った

  • 浅田真樹●取材・構成 text by Asada Masaki
  • 佐野隆●撮影 photo by Sano Takashi

 KBS京都テレビの競馬中継番組『うまDOKI』(毎週土曜日15:00~)でメインMCを務めるようになって、はや2カ月。おかげさまで、緊張することはなくなったのですが、番組内での土曜日のレース予想がまったく当たらず......。もう消えてしまいたい気持ちです(苦笑)。

ほのかさんが安田記念を予想ほのかさんが安田記念を予想この記事に関連する写真を見る 初回放送時、新メインMCの抱負として「万馬券を当てる」と色紙に書き、的中した折には、それを視聴者プレゼントにする予定だったのですが、なかなかその機会は訪れません......。

 競馬番組MCの務めとして、ここで名誉挽回を狙います!

【本命は人気薄!?】

 今回は、6月4日に行なわれるGI安田記念。今年は本当に豪華メンバーが集まりましたね。マイルのスペシャリストがそろっているだけでなく、中距離が得意な馬や、もう少し距離が短いほうが得意な馬もいて、「いったい、どの馬がくるのだろうか」と予想するのがとても楽しかったです。

 そして今回は、完全なマイラーというより、少し長めの距離で好走してきた馬を中心に印を打ちました。

 本命はナミュールです。

 過去のこのレースを振り返ると、人気薄の馬が勝つことも多いですし、もう少し長い距離が得意な馬が勝っているイメージがあります。

 その点、2000mの秋華賞(2着)や2400mのオークス(3着)で好走しているナミュールは、イメージがピッタリ。不利があった前走のヴィクトリアマイル(7着)を除けば、東京のレースで馬券圏内(3着以内)から外れたことがないのも好材料です。

 一昨年のダノンキングリー、昨年のソングラインと、ここ2年はなかなかGIを勝ちきれなかった馬が勝っていて、同じタイプのナミュールにもチャンス到来の雰囲気が漂います。

 前走で能力を出しきれずに溜まったフラストレーションを、得意の東京で一気に爆発させてくれるのではないかと期待しています。

1 / 3

プロフィール

  • 浅田真樹

    浅田真樹 (あさだ・まさき)

    フリーライター。1967年生まれ、新潟県出身。サッカーのW杯取材は1994年アメリカ大会以来、2022年カタール大会で8回目。夏季五輪取材は1996年アトランタ大会以来、2020年東京大会で7回目。その他、育成年代の大会でも、U-20W杯は9大会、U-17W杯は8大会を取材している。現在、webスポルティーバをはじめとするウェブサイトの他、スポーツ総合誌、サッカー専門誌などに寄稿している。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る