2022.06.11

超高額配当も!? エプソムCは過去の激走3パターンに合致する伏兵3頭を狙うべし

  • text by Sportiva
  • photo by Sankei Visual

 怒涛のGI6週連続開催は終了したが、競走馬たちの熱き戦いは続く。6月12日には秋の大舞台での飛躍を目指す面々がしのぎを削るGIIIエプソムC(東京・芝1800m)が行なわれる。

 過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気はわずか2勝。一方で、5番人気以下が3勝を挙げるなど、この春のGIレースと同様、ひと筋縄とはいかないレースと言える。もちろんその分、馬券的な妙味は増す。

 実際、3連単では好配当が続出。とりわけ2020年には、9番人気のダイワキャグニーが金星を挙げ、2着に5番人気のソーグリッタリング、3着には最低18番人気のトーラスジェミニが入って、421万9320円という超高額配当が飛び出している。

 となれば、今年も積極的に穴馬券を狙っていきたいところ。そこで、過去10年の結果を参考にして、今回のレースで波乱を演出しそうな伏兵馬をあぶり出してみたい。

 まず注目したいのは、GIで馬券圏内(3着以内)に入った経験のある馬である。なかには人気馬もいるが、過去にそういった実績馬が人気を落として激走を遂げている例が多いからだ。

 たとえば、2013年に4番人気で勝ったクラレント、2014年に8番人気で3着となったダークシャドウ、2016年に1番人気で勝利したルージュバック、2021年に6番人気で2着に入ったサトノフラッグらがそうだ。

 そして今年も、これまでにGIで馬券圏内に入ったことのある馬が1頭いる。ガロアクリーク(牡5歳)である。

エプソムCでの一発が期待されるガロアクリークエプソムCでの一発が期待されるガロアクリーク この記事に関連する写真を見る