2022.06.11

函館スプリントSは「大荒れ」の予感。近走不振で人気急落の先行馬に大駆けムード漂う

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sankei Visual

 北の大地で夏競馬が開幕。函館の開幕週に行なわれる重賞は、GIII函館スプリントS(6月12日/函館・芝1200m)だ。

"荒れる"一戦として知られる同レース。実際、過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気はわずか1勝。2着も2回、3着も2回という成績にとどまっている。その一方で、5番人気以下が5勝。馬券圏内(3着以内)には、ふた桁人気の穴馬が頻繁に突っ込んできている。

 おかげで、馬連でも万馬券が4度もあり、3連単はすべて万馬券。しかも、5万円を超える配当が8度もあって、2014年には80万円超え、2015年には90万円超えといった高額配当まで飛び出している。ここ最近は配当的に少し落ちついている印象があるものの、日刊スポーツの松田直樹記者はこう語る。

「2019年は『グリーンカル事件』(※飼料添加物グリーンカルから禁止薬物が検出され、同サプリメントを使用していた厩舎の出走予定馬が一括して競走除外となった)で出走馬の一部が不運な競走除外となり、2020年は開催2週目に施行され、昨年は東京五輪開催のために札幌競馬場での開催となりましたが、基本的なレース傾向に変わりません」

 つまり、近年はややイレギュラーな状況にあったということ。ならば、通常開催に戻る今年は、以前のような波乱が起こる可能性が一気に高まる。すなわち、高配当への期待も大きく膨らむ、ということだ。

 そんななか、狙い目となるのはどんな馬か。松田記者はこんな見解を示す。

「まず大前提として、函館スプリントSは先行有利です。現に、4年連続で逃げた馬が連対していますから。とにかく、北海道シリーズの序盤は絶好の馬場。そこで行なわれる芝1200mの重賞は、前に行ける馬を狙うのが得策でしょう」

 とはいえ、スプリント戦だけに今年も逃げ・先行馬がズラリとそろう。そこからどう絞り込むかだが、松田記者は「メンバー的に見て、今回はそこまで迷う必要はありません」と言って、こう続ける。

「GI高松宮記念(3月27日/中京・芝1200m)3着のキルロード(せん7歳)、昨年の覇者ビアンフェ(せん5歳)といった強力な先行馬がいますが、どちらも行きたい馬がいれば控えることもあり、ハナにこだわるタイプというわけではありません」