2022.05.19

オークスの本命は「ラスト・キンカメ産駒」。血統的に「オークス向き」の堅実派な1頭も要チェック

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 5月22日、東京競馬場で3歳牝馬によるGⅠオークス(芝2400m)が行なわれる。

 今年はGⅠ桜花賞を勝ったスターズオンアース、GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズのサークルオブライフ、GⅡフローラSのエリカヴィータ、GⅡチューリップ賞のナミュールなど、有力馬が順調にレースを迎えそうで、ハイレベルな争いが期待できる。

 このレースを血統的視点から分析していこう。オークスはここ5年、フランケル(サドラーズウェルズ~ノーザンダンサー系)産駒のソウルスターリング、ディープインパクト(父サンデーサイレンス)産駒のラヴズオンリーユー、エピファネイア(父シンボリクリスエス、ロベルト系)産駒のデアリングタクト、ゴールドシップ(父ステイゴールド、サンデーサイレンス系)産駒のユーバーレーベンと、勝ち馬の父はさまざま。父系だけでなく、母系も踏まえて占う必要がある。

 筆者が推す今年の本命は、スタニングローズ(牝3歳、栗東・高野友和厩舎)だ。

オークスと関連性が高い、フラワーCで勝利したスタニングローズオークスと関連性が高い、フラワーCで勝利したスタニングローズ  本馬は昨年6月、2戦目の未勝利(阪神・芝1600m)で勝ち上がり。その後、GⅢ新潟2歳Sで5着、GⅢサウジアラビアロイヤルCで3着、GⅡデイリー杯2歳Sで5着と、牡馬相手の重賞でも崩れなく走った。年が明けてからは、こぶし賞(阪神・芝1600m)と前走のGⅢフラワーC(中山・芝1800m)と連勝してここに臨む。

 フラワーCの勝ち馬でオークスを制した馬には、2002年のスマイルトゥモロー、2005年のシーザリオの2頭しかおらず、その他は2014年3着のバウンスシャッセがいるのみ。しかし、昨年の勝ち馬ユーバーレーベン、2010年の勝ち馬サンテミリオン(※アパパネと同着)、1994年の勝ち馬チョウカイキャロルもフラワーCで3着に入っており、両レースの関連性は低くない。

 血統では、スタニングローズは牝系が魅力だ。半姉ロサグラウカ(父ルーラーシップ)はオークスこそ10着だったが、中山・芝2500mのグレイトフルS(3勝クラス)を制しており、距離が延びても不安のない血統と見ていい。