2022.05.14

ヴィクトリアマイルで気になる4頭。「上り調子」高田秋が語る「1番人気が来ない説」

  • 河合 力●文 text by Kawai Chikara
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

『BSイレブン競馬中継』(BS11)の土曜レギュラーを務め、自身のYouTubeチャンネルでは予想企画が人気を集めるなど、競馬方面でも大活躍のモデル・タレントの高田秋さん。予想の調子も上向き中の彼女に、5月15日のGⅠヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)で気になる馬を聞いてみた。

競馬とお酒をこよなく愛する高田秋さん競馬とお酒をこよなく愛する高田秋さん この記事に関連する写真を見る

失敗から学んだ「一度決めたら貫こう」

高田秋 今年のGⅠでは、予想がなかなか当たらず苦しい日々でしたが、ようやく少しだけ調子が上向いてきた気がします。

 というのも、先週のNHKマイルカップでは、本命のダノンスコーピオンが1着。久しぶりに本命馬が勝ってくれたので、うれしかったですね。

 もともとダノンスコーピオンはいいなと思っていて、でも枠順が出たらまさかの大外18番枠。その瞬間は、他の馬に切り替えようかとちょっと迷いました......。

 ただ、その時によぎったのが、ポタジェでの失敗です。大阪杯で、それまでずっと推していたポタジェを最後の最後に本命から対抗にしてしまって。そうしたら、ポタジェがみごとに勝利(苦笑)。どうして最後まで信じることができなかったんだろうって、本当に悔しかったんです。

 あれ以来、予想は「一度決めたら貫こう」と心に誓って。大外になってもダノンスコーピオンを本命にしたんです。なので、勝ってくれてうれしかったですね。

 それなら馬券は当たったのかというと......、ファンの方はご存知のとおり、このレースは3着に最低18番人気のカワキタレブリーが入って大波乱。その馬券は買っていませんでした。

 荒れる予感はしていたので、3連複の3頭目は総流しでもいいかと思ったんですけどね......。さすがにそこまで手は広げられず。悔しかったです。