2022.02.26

日本馬も12頭が出走するサウジカップ開催。超高額の賞金だけじゃない、世界の有力馬が集う魅力とは

  • 土屋真光●写真・文 text & photo by Tsuchiya Masamitsu

 現地時間2月26日(日本時間で同日の深夜から27日未明にかけて)、サウジアラビアの首都リヤド郊外にあるキングアブドゥラジズ競馬場でサウジカップ開催が行なわれる。

 このサウジカップ開催では、賞金総額2000万USドル(約21億円。以下、ドルはすべてUSドル)の国際GⅠサウジカップ(4歳以上、ダート1800m)を筆頭に、GⅢのネオムターフカップ(4歳以上、芝2100m)、1351ターフスプリント(4歳以上、芝1351m)、レッドシーターフハンデキャップ(4歳以上、芝3000m)、サウジダービー(3歳、ダート1600m)、リヤドダートスプリント(3歳以上、ダート1200m)の国際招待競走が行なわれ、2020年に創設されてから今年で3回目となる。

 GⅠサウジCは、出走する14頭のうち11頭がGⅠ馬という豪華メンバー。海外の主要ブックメーカーで1番人気に推されるのは、昨年の同レース覇者で、GⅠのドバイシーマクラシックや英インターナショナルSを勝利したイギリスのミシュリフ。日本からはテーオーケインズ(GⅠチャンピオンズC)とマルシュロレーヌ(米GⅠBCディスタフ)が出走予定で、テーオーケインズが2番人気グループとなっている。

メインのGⅠサウジCで人気を集めている日本馬テーオーケインズメインのGⅠサウジCで人気を集めている日本馬テーオーケインズ この記事に関連する写真を見る  その2頭を含め、今年は日本から過去最多の12頭が参戦。この頭数は、3月に控えたアラブ首長国連邦でのドバイワールドカップ開催、12月の香港国際競走に匹敵する頭数だ。アンダーカード(前座レース)も含めると、なんと世界から1447頭もの初回登録馬を集めた。ひとレースあたりで約160頭、もっとも多かったサウジダービーは339頭もの登録があった。これは前述のドバイワールドC開催や香港をはるかに上回る。

 わずか3年目にして、これだけの登録馬を集めたのは驚き以外の何物でもない。サウジCは、昨年10月にIFHA(国際競馬統括機関連盟)の承認を受けてG1に昇格したが、そのほかのサラブレッドのレースはいずれもGⅢという格付けだ。にも関わらず、これだけの関心を得ている要因を探ると、サウジアラビア競馬が目指すところが見えてくる。