2021.12.28

期待の新星が集うホープフルSは、各界の「新人賞」に馬券のヒントが隠されている

  • 令和サイン馬券研究会●文
  • photo by Kyodo News

 ここは東京都内にある、とあるWINS近くのビルの一室。『令和サイン馬券研究会』の面々(といっても、所長と研究員の2人だけ)は、今週も当たり馬券のヒント探しに没頭していた......。

研究員「今日は12月28日、火曜日ですが、今年最後の中央競馬が開催されます。フィナーレを飾るのは、GIホープフルS(中山・芝2000m)です」

所長「有馬記念のあとにまだ開催があるのはうれしいが、なかなか慣れんのう。昨年は有馬記念の前日に行なわれておったしな」

研究員「だいたい、有馬記念で燃え尽きてしまいますからね」

所長「じゃが、せっかくのGIやし、最後の最後で大儲けといきたいところじゃな。まあ、M-1グランプリでは最年長の錦鯉が優勝しおったし、年末の風物詩である障害競走のGI中山大障害でも10歳のオジュウチョウサンが勝ったからな。ここは最年長の馬が勝つんじゃないか?」

研究員「はぁ~ッ? ホープフルSは2歳馬限定のGIですから! オッサン、ついにボケが回ったんか?」

所長「いやいや、冗談やがなぁ。そんなに怒らんでもええやないか。許してちょんまげ」

研究員「いえ、もはやボケたオッサンには任せておけません。ここは"期待の新星"たちが集う2歳王者決定戦。この研究会のホープである僕が、今回はきっちりサインを見つけますよ」

所長「ほう。では、お手並み拝見といこうじゃないか」

研究員「先述のとおり"期待の新星"たちの争いですからね、僕は今年のプロ野球の新人王がヒントになると踏んでいます」

所長「セ・リーグが広島の栗林良吏投手で、パ・リーグがオリックスの宮城大弥投手。背番号は栗林投手が"20"で、宮城投手が"13"。そうなると、馬番2番のアケルナルスター、馬番10番のマテンロウレオ、馬番13番のフィデルあたりが怪しいってか?」

今年のプロ野球の最優秀新人賞を受賞したオリックスの宮城大弥投手(左)と広島の栗林良吏投手(右)今年のプロ野球の最優秀新人賞を受賞したオリックスの宮城大弥投手(左)と広島の栗林良吏投手(右) この記事に関連する写真を見る