2021.12.19

ブエナビスタの愛娘ブエナエルドラードは「馬格があって、雰囲気がある」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by AFLO

厳選!2歳馬情報局(2021年版)
第30回:ブエナエルドラード

 2007年、ウオッカが牝馬として64年ぶりに日本ダービーを制した。以来、日本の競馬界も"牝馬が強い時代"に突入。GIの舞台で強豪牡馬を蹴散らす歴史的な名牝が次々に登場してきた。

 2008年にデビューしたブエナビスタもその1頭だ。

 彼女はGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)を制して2歳女王に輝くと、3歳牝馬クラシックのGI桜花賞(阪神・芝1600m)とGIオークス(東京・芝2400m)も勝って、牝馬二冠を達成した。

 その後、秋にはなかなか勝利に恵まれなかったが、古馬となって4歳春にGIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)を制覇。秋には牡馬相手のGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)で戴冠を遂げた。続くGIジャパンC(東京・芝2400m)でも2着降着の憂き目にあったものの、ゴール板をトップで駆け抜けて現役最強馬としての力を示している。

 以降もGI戦線で奮闘し続けたが、GI有馬記念(中山・芝2500m)、ヴィクトリアマイル、GI宝塚記念(阪神・芝2200m)と、いずれも僅差の2着と涙を飲んだ。それでも、5歳秋のジャパンCで牡馬一線級を相手に快勝。前年のリベンジを果たすとともに、GI通算6勝目を挙げた。

 まさしく"女傑"として一時代を築いたブエナビスタ。引退後は繁殖牝馬となり、これからデビューを迎える2歳馬のなかにも将来を嘱望されている愛娘がいる。

 美浦トレセンの国枝栄厩舎に所属するブエナエルドラード(牝2歳/父ロードカナロア)である。

ブエナエルドラードの母は、現役時にGI6勝を挙げた女傑ブエナビスタブエナエルドラードの母は、現役時にGI6勝を挙げた女傑ブエナビスタ この記事に関連する写真を見る