2021.07.03

ラジオNIKKEI賞で注目の4頭。先行馬が有利か否か、穴党記者の意見が割れた

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sankei Visual

 いよいよ夏競馬が本格的にスタート。今週から開催される福島では3歳馬のハンデ重賞、GIIIラジオNIKKEI賞(7月4日/福島・芝1800m)が行なわれる。

 昨年は8番人気のバビットが逃げ切り勝ちを収め、3連単では17万3020円という高配当がついたように、夏競馬らしく波乱の多い一戦だ。過去10年の結果を振り返っても、半分の5回は3連単で10万円以上の高額配当が生まれている。

 ただでさえ荒れやすいレースにあって、今年の馬券検討においては、さらに難解を極める材料がある。それは、馬場である。日刊スポーツの木南友輔記者も「今年は春の福島開催がなかったので、2021年の開幕週。そこがポイントになりそう」と言って、こう続ける。

「梅雨時なので天気は気になりますが、意外なほどの良好な馬場で、高速決着になる可能性も頭に入れておきたいです」

 デイリー馬三郎の吉田順一記者も同様の考えを示す。

「今回の福島開催は、野芝が育ちきっていない時期の開催がなかったことが奏功し、近年まれに見るぐらいの、すばらしいコンディションで施行されそうです。週中や週末の天気が雨予報であっても、レース中にまとまった雨量がない限りは、そこまで馬場は荒れないでしょう。結果、馬場のよさを生かしたスピードや切れ味に秀でた馬にアドバンテージがありそうな気がします」

 ただ、馬場状態の見立ては同じでも、そこで浮上する馬の見立ては、双方異なる。まず、木南記者は「先行馬が中心」と見て、グランオフィシエ(牡3歳)に注目する。

現在2連勝中のグランオフィシエ現在2連勝中のグランオフィシエ