2021.07.02

CBC賞は「小倉/芝1200m」の成績を重視。種牡馬の実績も見て2頭に注目

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Sankei Visual

 7月4日、小倉競馬場でGⅢCBC賞(芝1200m)が行なわれる。

 このレースは例年、中京競馬場で開催されているが、今年は京都競馬場改修の影響で小倉で開催される。そのため今回は、「小倉/芝1200m」のデータを基に分析してみよう。

 登録メンバーの中で、小倉/1200mで抜群の成績を残しているのがヨカヨカ(牝3歳/栗東・谷潔厩舎)だ。これまで2戦して、いずれも逃げ切っている。昨年のフェニックス賞は1分07秒9の好時計で快勝。続くひまわり賞では、九州産馬限定戦とはいえ、3馬身半差をつけての圧勝だった。

小倉の芝1200mで2戦2勝のヨカヨカ小倉の芝1200mで2戦2勝のヨカヨカ この記事に関連する写真を見る  その後は勝利がないが、前走の葵S(中京/芝1200m)では出遅れ気味のスタートから追い上げ、ハナ差の2着と好走した。阪神の新馬戦も含めると、芝1200mでは4戦3勝、2着1回という好成績だ。

 血統を見てみよう。父スクワートルスクワートは米GⅠBCスプリント(ダート6F)を勝ったスピード馬。いとこに中山大障害勝ち馬のレッドキングダム、祖母の弟妹にGⅠジャパンC勝ち馬のピルサドスキー、GⅠエリザベス女王杯勝ち馬のファインモーションがおり、九州産馬だが血統は優秀だ。今後は、より高いレベルで活躍していけるだろう。

 成績、血統ともに合格点のヨカヨカだが、レースではスタートでやや遅れることが多い。今回は開幕週で先行有利な馬場なだけに、出遅れると致命傷になりかねない。内めの枠で出遅れると包まれてしまう可能性もあるだけに、枠順とスタートが大きなポイントになりそうだ。

 種牡馬という観点からすると、この小倉/芝1200mで好成績を残しているのがロードカナロア。これまでの産駒の成績は233戦28勝、2着17回で、勝率は12.0%、連対率19.3%という数字を残している。他の上位種牡馬が概ね10%を切る勝率の中、この勝率の高さは非常に優秀だ。