2021.05.21

オークスのカギは決め手。穴党の女神たちが推すソダシを脅かす3頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Sankei Visual

 3歳牝馬クラシックの第2弾、GIオークス(東京・芝2400m)が5月23日に行なわれる。

 昨年はデアリングタクトが無敗で二冠を達成したが、今年もソダシが無敗でGI桜花賞(4月11日/阪神・芝1600m)を制覇。2年連続となる無敗の二冠馬誕生へ王手をかけている。

 実際、その快挙達成の可能性はかなり高い。なにしろ、オークスでは1番人気が5勝、2着2回、3着1回と安定した結果を残しているからだ。毎日新聞の「真希バオー」こと中嶋真希記者もこう語る。

「オークスは1番人気が目下5連勝中。そして今年も、無敗の桜花賞馬ソダシが断然でしょう。クロフネ産駒で距離に不安はあるものの、能力の高さは抜けています」

 だからといって、馬券的な妙味が薄れることはない。オークスでは伏兵馬の台頭がしばしば見られ、過去10年の結果を振り返ってみても、3連単では好配当が何度となく生まれている。

 一昨年も1番人気のラヴズオンリーユーが勝利し、2番人気のクロノジェネシスが3着に入りながら、2着に12番人気のカレンブーケドールが突っ込んできて、3連単は17万9960円という高配当をつけた。

 だとすれば、ソダシが絡んだとしても、オイシイ配当が見込めそうな"穴馬"を見つけ出すことが馬券攻略のポイントになりそうだ。

 では、どんなタイプが穴馬として狙い目となるのか。中嶋記者はこう分析する。

「過去10年で上がり最速の馬が7勝しているオークスでは、決め手がカギ。先行するソダシを差し切るような能力を秘めた馬が面白いと思います」

 日刊スポーツの三嶋毬里衣記者も同様の見立てだ。

「過去10年の結果を見てみると、上がり最速馬(最速タイも含む)は7勝、2着3回、3着2回と好成績を残しています。オークスでは末脚の重要性が高く、長くいい脚を使うタイプのソダシを脅かすとすれば、瞬発力勝負に持ち込める馬でしょう」

 そこで、三嶋記者は桜花賞6着のククナ(牝3歳)を推奨する。