2021.05.09

オークスでの台頭なるか。クールキャットは「もともと重賞クラスの器」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sankei Visual

2021年クラシック候補たち
第19回:クールキャット

 今年の3歳牝馬クラシックは、無敗でGI桜花賞(4月11日/阪神・芝1600m)を制したソダシが中心。続くGIオークス(5月23日/東京・芝2400m)でも、同馬の優位は動かないだろう。

 それでも、ここに来て成長を遂げて「打倒ソダシ」が見込まれる面々も少なからずいる。美浦トレセンの奥村武厩舎に所属するクールキャット(牝3歳/父スクリーンヒーロー)もその1頭である。

フローラSを快勝し、オークスに挑むクールキャットフローラSを快勝し、オークスに挑むクールキャット  同馬は昨年6月のデビュー戦を快勝。のちにリステッド競走の紅梅S(1月16日/中京・芝1400m)を完勝するソングラインに、2馬身もの差をつけてちぎっている。

 ただその後、休養に入って復帰してからは際立った結果を残せずにいた。2戦目で挑戦したGIIIアルテミスS(10月31日/東京・芝1600m)では5着に終わり、続くGIIIフェアリーS(1月11日/中山・芝1600m)では10着と馬群に沈んだ。

 さらに、4戦目となるGIIIフラワーC(3月20日/中山・芝1800m)でも、後方から追い込んだものの、5着にとどまった。結果、クラシック初戦となる桜花賞出走は叶わなかった。

 しかし、オークストライアルとなるGIIフローラS(4月25日/東京・芝2000m)で見事な復活を果たす。8枠15番という外枠発走ながら、鞍上のクリストフ・ルメール騎手による鮮やかなエスコートによって、好位の4番手を確保。直線に入って早々に先頭に並びかけると、最後は内で粘るスライリーを振り切って勝利した。