2021.04.23

過去10年で100万馬券が2度。大荒れのフローラSで狙える穴馬候補3頭

  • text by Sportiva
  • photo by Sankei Visual

 GIオークス(5月23日/東京・芝2400m)のトライアル、GIIフローラS(東京・芝2000m)が4月25日に行なわれる。

 過去、人気薄の台頭がしばしば見られ、波乱の多い一戦である。ここ10年の結果を振り返ってみても、3連単で100万円超えの高配当が2度も生まれている。

 ひとつは2011年。9番人気のバウンシーチューンが金星を挙げて、2着に15番人気のマイネソルシエール、3着に3番人気のピュアブリーゼが入って、3連単の配当は113万1690万円という高額となった。もうひとつは2014年。4番人気のサングレアルが勝利し、6番人気のブランネージュが2着、13番人気のマイネオーラムが3着に突っ込んできて、3連単では108万8940円という超高配当が生まれた。

 他にも3連単では10万円超えの高配当が4度も出ており、今年も"荒れる"ことを見込んで馬券勝負に徹するのも悪くない。そこで、過去10年の結果を参考にして、今回のレースで波乱を演出しそうな伏兵候補をあぶり出してみたい。

 まず着目したいのは、GIIIフラワーC(中山・芝1800m)の前走を経て、ここに挑んできた馬である。これまでも、同レース経由の馬の好走例が多いからだ。

 2013年のエバーブロッサム(2番人気2着)、2014年のマイネオーラム(13番人気3着)、2015年のディアマイダーリン(1番人気2着)、2018年のノームコア(5番人気3着)、2019年のシャドウディーヴァ(2番人気2着)、同じく2019年のジョディー(9番人気3着)らがそうだ。

 そして今年も、フラワーC(3月20日)経由の馬が5頭いる。そのうち、穴馬候補として面白そうなのは、ルース(牝3歳)だ。

 というのも、過去のフラワーC経由で好走した面々の戦績を改めて見てみると、シャドウディーヴァとエバーブロッサム以外は皆、2勝馬であることがわかったからだ。