2021.03.28

2歳王者を下したタイトルホルダー。激戦クラシックのカギ握る重要な存在

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sankei Visual

2021年クラシック候補たち
第13回:タイトルホルダー

 3月7日に行なわれたGII弥生賞(中山・芝2000m)は、昨年末のGIホープフルS(12月26日/中山・芝2000m)を無傷の3連勝で制した2歳王者、ダノンザキッドのレースぶりに注目が集まっていた。しかし、同馬は直線で伸び切れず、3着に終わった。

 代わって頂点に立ったのは、好スタートから見事な逃げ切りを決めたタイトルホルダー(牡3歳/父ドゥラメンテ)。クラシック最有力候補を下して、GI皐月賞(4月18日/中山・芝2000m)へ向けて弾みをつけた。

前哨戦の弥生賞を快勝したタイトルホルダー 美浦トレセンの栗田徹厩舎に所属するタイトルホルダーは、昨秋にデビュー。初陣となる2歳新馬(10月4日/中山・芝1800m)でも鮮やかな逃げ切り勝ちを収めた。

 そして、2戦目には素質馬が集うGIII東京スポーツ杯2歳S(11月23日/東京・芝1800m)に参戦。ここで、ダノンザキッドと初めて対戦する。

 道中、タイトルホルダーは離れた2番手を追走。直線を迎えて、馬場の中央から抜け出しを図るが、外から仕掛けてきたダノンザキッドとの叩き合いに屈して2着に敗れた。

 続いて挑んだのは、ホープフルS。好スタートから3番手の好位につけて、リズムよくレースを進めていた。だが、直線入口で再びダノンザキッドに外から競りかけられて厳しい展開に。結局、ダノンザキッドに振り切られると、他馬の強襲にも屈して4着に沈んだ。