2021.03.14

北村友一騎手が皐月賞での奮闘に太鼓判。ラーゴムは「パワータイプ」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Sankei Visual

 その皐月賞において、陣営はかなりの手応えを感じているという。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「皐月賞を迎える頃、例年中山の馬場は結構荒れています。その点を踏まえて、過去4戦中3戦に騎乗している北村友一騎手が『ラーゴムはパワータイプの走りで、皐月賞の頃の馬場状態はマッチするはず』と話しています。さらにデビュー前から『能力を感じていた』そうで、GIの舞台でもそれなりに戦えると踏んでいるようです」

 ただ一方で、精神面については課題があるという。トラックマンが続ける。

「北村騎手が言うには、『ラーゴムは前向きすぎる性格で、道中リラックスして走れるかが課題』とのこと。斉藤調教師も同様の課題を口にしており、実際にきさらぎ賞ではジョッキーが引っ張るシーンが見受けられました。

 また、カイバ食いが安定しない面もあって、斉藤調教師はこの点も懸念していました。これらの課題が解消されれば、もう一段上の走りができるかもしれません」

 多少の不安はありつつも、ここまでオープンや重賞レースで常に安定した結果を残してきたラーゴム。絶対的な存在がいない今年の3歳牡馬戦線にあっては、戴冠のチャンスは十分に見込めるのではないか。皐月賞までに課題が解消されていれば、その可能性は一段と大きくなっているはずだ。