2021.03.07

美女馬券師が弥生賞を大胆予想。ダノンザキッドを打ち負かす馬とは?

  • text by Morinaga Maaya

美女馬券師の重賞最終決断
守永真彩~弥生賞編

もりなが・まあや/『日曜レース展望KEIBAコンシェルジュ』(グリーンチャンネル・土曜日19時30分~)にアシスタント秘書としてレギュラー出演中。『アプリ デイリー馬三郎』では予想コラムを連載。「楽天競馬」のイメージキャラクター。母親は女優の白石まるみさん◎ワンデイモア
◯シュネルマイスター
▲ダノンザキッド
☆タイトルホルダー
△タイムトゥヘヴン
△テンバガー

 守永真彩です。競馬業界の3月は"はじまりの季節"。今週からいよいよ8名の新人騎手がデビューします!

 以前は、私も競馬学校(千葉県白井市)の入学式と卒業式は参観していました。2020年度の関東のリーディングジョッキーとなった横山武史騎手が、あどけない顔で「日進月歩でがんばります!」と宣言していた姿が昨日のように思い出されます。

 今年は女性騎手が2名デビューということで、今後さらに競馬界でも注目を集めそうですね! 同じ女性として、彼女たちがケガなく邁進していってくれることを願います。

 そういえば! JRAから発表された新人騎手のインタビューでは、目標とする騎手に坂井瑠星騎手や石川裕紀人騎手、武藤雅騎手の名前も挙がっていました。なんだか時代を感じます......。新人騎手のみなさんが、先輩騎手のようにターフで輝く姿を見られるのを楽しみにしています!

 さて、今週はGII弥生賞ディープインパクト記念(3月7日/中山・芝2000m)。

 昨年のコントレイルのように、無敗の三冠馬が誕生するのか!? それとも"待った!"をかける馬がいるのか!? クラシックの行方を占ううえでも、注目の一戦です。

 本命はワンデイモア。前走の1勝クラス(1月5日/中山・芝2000m)で、56kgの斤量を背負って2分1秒3で快勝しました。