2021.03.07

調教師が「いい馬だ」と唸ったエフフォーリア。横山武史騎手もベタ惚れ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

2021年クラシック候補たち
第10回:エフフォーリア

「クラシックへの登竜門」と言われるGIII共同通信杯(2月14日/東京・芝1800m)を無傷の3連勝で制して、クラシックの有力候補に躍り出た馬がいる。

 美浦トレセンの鹿戸雄一厩舎に所属するエフフォーリア(牡3歳/父エピファネイア)だ。

共同通信杯で鮮やかな勝利を飾ったエフフォーリア 同馬は昨夏の2歳新馬(8月23日/札幌・芝2000m)でデビュー。1番人気に応えて、見事に初陣を飾った。

 2戦目はおよそ2カ月半後、1勝クラスの百日草特別(11月8日/東京・芝2000m)に臨んだ。初戦と同様、道中は好位を追走。直線を迎えて、やや行き場を失っていたが、残り300m付近で前が開くと、メンバー最速の上がり33秒4という末脚を繰り出して一気に突き抜けた。

 そして迎えた3戦目が、共同通信杯。GI朝日杯フューチュリティS(12月20日/阪神・芝1600m)2着のステラヴェローチェら骨のある面々と顔を合わせた。

 このレースでもスッと好位につけて、3、4番手を追走。直線に入ると、馬場中央の前が開けた絶好の位置を取って加速していく。坂下で早くも先頭に立って、最後は2着馬に2馬身半差をつけての完勝だった。

 堂々としたレースぶりで3連勝を決めたエフフォーリア。このままクラシック第1弾のGI皐月賞(4月18日/中山・芝2000m)に向かう予定だ。