2021.02.20

横山ルリカ、フェブラリーSはカフェファラオに注目。唯一不安な点とは

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中 亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

アイドルグループ「アイドリング!!!」の元メンバーで、競馬番組で活躍する横山ルリカさんに、2021年最初のGIであるフェブラリーS(2月21日/東京・ダート1600m)について展望を聞いた。

競馬番組などで活躍している横山ルリカさん競馬番組などで活躍している横山ルリカさん  フェブラリーSと同様にダートのチャンピオンを決める昨年のGIチャンピオンズC(中京・ダート1800m)はレベルの高いメンバーでしたが、今回はその上位勢がインティ(牡7歳)を除いてごっそりといません。軸をどうしようかと悩みますが、「外枠に入った有力馬」を重視したいです。

 チャンピオンズCは内枠有利ですが、フェブラリーSは6枠12番から外に入った馬の好走が多く、穴馬で来ているのもやはり外枠の傾向が強いです。

 データでは6〜8枠の外枠有利ということに加え、1番人気の複勝率が過去10年では80%、過去5年に絞ると2勝、2着2回、3着1回で100%なんです。1番人気が強い馬だったというのもあるんですけど(笑)。

 年齢でいくと、7歳以上は勝ちがない反面、2、3着には突っ込んできていますね。ローテーションでいえば、根岸S(東京・ダート1400m)組は過去10年で4頭勝っていて、勝率でいえば根岸S組がいいですが、馬券になりやすいのはチャンピオンズCからのぶっつけ組。3連単で買う人は根岸S組を1着固定にするのもいいと思いますし、3連複ではチャンピオンズC組を重視するといいのかなと思います。

 注目している馬はカフェファラオ(牡4歳)です。前走のチャンピオンズCは6着でしたが、6連勝中だった1番人気のクリソベリル(牡5歳)が4着と大外に入って力を出し切れなったように、カフェファラオも終始外を回った結果でした。ただ対応の難しいレースだったことを考えると、それほど気にしなくていいのかな、と。