2021.01.24

堤礼実アナが数々の名勝負に感謝。同時に深く反省したこととは?

  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

堤 礼実連載:『華麗なるウマ話』第9回

スポルティーバとフジテレビの競馬中継番組『みんなのKEIBA』とのコラボ企画、堤礼実アナウンサーの連載『華麗なるウマ話』。今回は、堤アナの2021年の抱負を語ってもらいつつ、昨年末の有馬記念についても振り返ってもらった――。

 みなさん、年末年始はどんなふうに過ごしていましたか。

 私は、まさに巣ごもり。仕事以外、ずっと家に閉じこもっていました。

 前回の連載でお話しさせていただきましたが、お正月は毎年、祖母の家で過ごすのが堤家の恒例でした。しかし、新型コロナウイルスの感染が拡大しているなか、祖母の意向も聞いて、今年は静かに自宅で過ごすことにしました。

 少し寂しい気持ちもありましたが、家族だけで自宅で過ごすお正月というのも新鮮でしたね。

 我が家は、わりと日本の伝統行事を大切にするほうで、年越しそばに始まり、おせちやお雑煮、七草がゆも食べました。おせち料理やお餅を食べることで、お正月を感じることができるように思います。

 新しい年を迎えて改めて思ったことは、こういうご時世ですから、やはり健康第一。自分のためにも、周りの人のためにも、まずは健康でいることが大事だと思いました。

 そういう意味でも、今年は新たな試みとして、もっと体を動かしたいですね。というよりも、最近体がなまっていることを感じているので、運動を「したい」ではなく、「しなければいけない」と思っています。

 日々の通勤の際にも、電車に乗るために駅まで小走りしただけで、「もう倒れるんじゃない?」と思うくらい息が切れてしまって......(笑)。我ながら「さすがにこれは酷いな」と、自らの衰えを痛感しています。

 運動と言っても、筋トレなど家でできることがたくさんありますよね。実はそのための用具はすでにいくつか持っているのですが、これまでなかなかやる気がおきなくて、やっても三日坊主になってしまって......。でも、新たな年を迎えて、真剣に取り組もうと思っています。せめて、日常生活に支障がないくらいまで、体力を取り戻したい(笑)。今年の目標のひとつです。