2021.01.16

日経新春杯は上り調子の馬が狙い目。舞台が中京に移って波乱ムード増す

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 年明けに開催される伝統の古馬重賞、GII日経新春杯(中京・芝2200m)が1月17日に行なわれる。

 過去10年の結果を振り返ってみると、比較的堅い傾向にある。それでも、ハンデ戦ゆえ、時に伏兵の台頭も見られ、3連単ではしばしば好配当が生まれている。ならば、今回も思い切って、穴馬券を狙ってみるのも悪くない。

 ただ、今年は京都競馬場の改修工事によって、中京競馬場が舞台となる。施行距離も2400mから2200mへと短縮される。その分、過去とは違った傾向が表面化する可能性もあるが、開催時期は例年と変わらず、ここに挑む馬たちの臨戦パターンに大きな変化は見られない。ゆえに、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで波乱を起こしそうな穴馬をあぶり出してみたい。

 そうして、過去10年の結果を改めて検証してみると、1番人気が4勝、2着3回、3着1回と、非常に安定した成績を残していることがわかる。また、4歳馬の強さが際立っている点にも気づかされる。

 となると、今回1番人気が予想されるアドマイヤビルゴ(牡4歳)は無視できない。人気馬とはいえ、押さえておきたいところだ。

 では、本題の穴馬のピックアップに入っていこう。最初に目がいくのは、前走で3勝クラス(旧1600万下)を勝ち上がってきた馬である。過去、人気の有無にかかわらず、そうした馬の好走例が多いからだ。

 しかしながら、今回はそういった存在は見当たらない。そこで今一度、過去の結果を注視してみると、前走で3勝クラスを勝った馬だけでなく、前走で2勝クラス(旧1000万下)を勝ったばかりの馬の激走も何度かあることがわかった。

 また、前走で重賞やオープン特別を勝ったり、2、3着に善戦したりしていながら、低評価にとどまっている馬の台頭も頻繁に見られている。つまり、クラスにかかわらず、前走で好走していて、上昇気配にある馬を見逃してはいけない、ということだ。