2020.12.25

横山ルリカ、有馬記念の本命は?カギを握るのは「キセキ」

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 田中亘●撮影 photo by Tanaka Wataru

 人気に関わらず絶対に相手として抑えるのは、昨年3着のワールドプレミア(牡4歳)と、おととしの勝ち馬ブラストワンピース(牡5歳)です。有馬記念は、"リピーター"が好走しやすいレースですよね。

 まず、ワールドプレミアは、長期休養明けの復帰戦となったジャパンカップで、「3強」を含むあのメンバーを相手に6着。悲観する内容ではありません。左回りより右回りのほうが向いていると思いますし、たたいて前走以上の状態で出走できれば、昨年の上位2頭がいないとなると......。

 ブラストワンピースは宝塚記念(16着)、天皇賞・秋(11着)と、この2走は馬場が合わなかったり、太め残りだったりと、結果は残念でしたが、むしろダメージのない走りだったので、調子が上向いてほしいところです。また、馬体重が結果に直結しやすい馬なので、クロノジェネシスとは逆に絞れていれば走れるタイプだと思います。今回、10キロ減で帰厩できたようですし、馬具を工夫してくるとも聞いているので、2年前の再現も十分あり得ると思っています。

 それから、有馬記念といえば引退レースの激走。ということで、ラッキーライラックにも注目しています。父のオルフェーヴルは引退レースの有馬記念で圧勝しました。そして、同じ勝負服のジェンティルドンナも単勝4番人気ながらレースを制して引退。この2頭を思うと、ラッキーライラックが有終の美を飾ることも可能だと思います。データとしては、前走GIエリザベス女王杯(阪神/芝・2200m)組がよくないのですが、内ラチ沿いの競馬ができれば、チャンスがあります。

 サラキア(牝4歳)は前走エリザベス女王杯の内容から、充実期が今ならラッキーライラックとそう差はないように感じます。ステッキを途中で落としながらも最後はラッキーライラックに迫りました。そして、鞍上が松山弘平騎手ということも頼もしいですね。